2016年04月

ツール・ド・なんよ8daysが4月16日より開催
出発式があると情報を受け、松野へ。
門田プロと共にGIANTのオフシャルカーが来てましてテンションアップ 。いつもお馴染み松野の菓子職人と一緒に参加します。


初のイベントとのことで、自転車雑誌や報道機関が多数来てました。
南海放送のLet'sサイクリング![毎月第3土曜20:54放送]の撮影もおこなわれたので、次回?の放送は見逃せませんね。田中社長率いる南海放送チームも来られてました。

タロやんさん発見。真剣なお顔でスマホとにらめっこ(^^)
「みかん人倶楽部」というアプリでARを利用したツール・ド・なんよのポイントラリーができるんですが何故かなかなか読み込みができなかったのです。いろいろやったらできたみたいですが\(^o^)/

ゲンさんこんにちは!ありゃ、、ゲンさんもですか?今日も撮影よろしくお願いします!

ポイントをGETしたらスタートです。
スタートポジションに着いたら皆であの番組のタイトルコールを叫びます。
そう、Let'sサイクリング![毎月第3土曜20:54放送] 
走ってる時は撮影してません(カメラマンが大勢いたのでお任せしますw)
ただ、、かなりハイペースで 回したので、ほぼ先頭で新道の駅「よって西土佐」に到着しました。
おっ、前回なかったサイクルスタンドが!木製でよいですね!
そしてこちらでもポイント加算!スマホ用のポイント台紙が仮設以外はスムーズに登録完了です。

そして西土佐グルメ!鮎!と・・・あれ?先日はうなぎの骨あげだったけどフライになってますよ!
なんと鰻ではなく鯰(なまず)のフライです!コレは珍しい! 

ゲンさんもあゆねーさん?もオススメです!

そして次の獲物をねらってますよこの人\(^o^)/

私はデザートをば、冷たいものをチョイス。土佐ジローの最中アイスです。

こんな珍しいバスも走っているみたい。奥四万十博用のバスですかね?
さてさて、ここから十和までは四万十川沿いでも、旧道を走行ということです。
もちろん沈下橋も通りましたよ。南海放送田中シャチョーさんも渡りきりました!

橋の上で皆で記念撮影です。上の新しい橋から狙われているので、皆でポーズ!

で、無事十和の道の駅に到着

1日で3ポイントGET

奥四万十博のお水をGET
 
サイスポとバイシクルクラブの二大自転車雑誌が取材してました!雑誌デビューできるかなあ?

お昼はとおわで取りたかったのですが、大混雑だったので、よって西土佐に戻りました!
このテーブルほしいなぁ!!

なんにしよかと?迷ったらカレー!「よってカレー」ナイスカレー!

お腹を満たして松野へ帰りました!サボってあまり撮影してないので今回はここまでです!
次のポイントGETできる日はいつかなぁ??
あ、よって西土佐にはサイクリストに嬉しいこんな自販機もあります。この上にはチューブもありますよ!

ではまた!

来週から始まるツール・ド・なんよ8days

16日の開始日には松野で出発式があるそうです。皆さんぜひ参加して盛り上げましょう↑

今日は久々にソロサイクリング
松野のAコープで友人が朝市をしているので立ち寄りプリンを補給

本日はこのコースを走ります。帰りは決めていませんでしたが裏四万十の目黒川を遡りました。

まず江川崎に到着。元あった産直市は休憩所になっていました。
自転車はこちらへ誘導されましたが、サイクルスタンドが見当たらないのでこんな感じで施錠。

プレオープンしている道の駅「よって西土佐」まだできたてホヤホヤ。

店に入るとありえへん光景が目に飛び込んできました。




あーー!たいへんや!軽トラが店に突っ込んでいる!トマトを出荷しに来たおっちゃんでしょうか?


ではなく、軽トラをディスプレイしているんですね〜

焼きたての鮎

うなぎの骨せんべい。これはうまい。ビール飲みたくなります。

ギョギョギョ〜〜〜ナマズくんです。食材でしょうか?

以前あったストローベイル山間屋さんも健在

ということでお昼はこちらで。四万十牛の焼肉丼。
帰り道は県道8号線を目黒方面に入ります。
大宮を過ぎたところで休憩
この岩の間から隣の奥屋内まで地下を水が通っていると言われているらしい。

桜の季節はおわり。これからレンゲの季節ですね
今回最大の難所。目黒坂を登ってトンネル着

桜の絨毯がきれいでした。

こんにちは。たまにしか更新しないブロガーです。
先日は松野桃源郷マラソン10キロに初参戦。デュアスロンから忙しくなりあまり練習できませんでしたが、なんとか完走できました。
坂ばっかりで何度か心折れそうになりましたがが、、
来年はもっと早く走れるよう精進します。
ランイベントの後は同じ会場のグルメイベントへ。
ちなみに、来月は朝霧湖ハーフです。
東国原元知事に会えるのが楽しみです。


↑このページのトップヘ