タグ:大野ヶ原

明日は社内健診。
少しでも良い結果を出したいと思い、少し走ってみた。
8月はジュルスケパンパンであまり走れない感じなので、思い残しがないようコースを検討。
まず、「涼しい所」「距離は短め」「時間も短めに」を考慮して、カルスト方面に決定。
だけど下界から上がるのは辛い。
ヒルクライムはこないだ堪能したし。
という事で大規模林道からのスタートに決定。
大茅峠を過ぎ、トランポを放置。
林道なので作業車の邪魔にならない所を選びましょう。
コースは韮が峠経由の大野が原でお昼の予定。

だけど、このコースかなりのアップダウンがあるんです。
標高は800メートルくらいからゴールは1400メートルなんですが、途中1000から800あたりまで下り、また登りが始まります。
ヒルクライムは堪能したはずなのに、今日もまた登っている変な奴です。
水分を持って来なかったので途中で天然水を補給。
やっと韮が峠到着。ここからはユルユル登ります。
到着。一気に源氏ヶ駄馬まで登ってきました。
西予市の中で一番高い場所にある四国西予ジオパークスポットです。
ちなみに、
ポケスポでもあります。
高知方面も綺麗に見渡せます。
もちろん牛もいます。怪しい奴が来たと思われてます。
下まで降りて昼食。森の魚さんで生姜焼き丼をいただきました。
デザートはもみの木のアイス。
満足。
さて、帰りはまた長い登りが待ち受けます。
途中振り返るとさっきいた源氏ヶ駄馬が遥か上に。結構高い場所にあるんですね。
これからの季節、涼を求めて四国カルストに是非どうぞ!
本日のコースはこちら

今晩は。先日の6月13日は私の44歳の誕生日でしたので、世界中から祝福を受けましたことを、ここにご報告申し上げます。 世界中の民よありがとう。

しかも嬉しい事に、「野村〜大野ヶ原間往復90km自転車の旅」をプレゼントしてもらいました。

(ほんとは某団体にお声かけいただき、参加させていただきました(感謝)
県庁サイクリングチームのみなさん、TEAMLUPPIの皆さん、運営の皆さんにはお世話になりました)
 
このコース、以前から一度はチャレンジしたいと思っていたコースなんですが、標高差1000mというワードがネックになり、なかなか手が・・脚が出せませんでした。
今回は本当に良い機会をいただきましたし、特に上手い方々と一緒に走れるのでしっかり勉強させて頂きました。

さて、ここでコースを御覧ください(^^)
野村乙亥会館を出発後、坂石→惣川→大野ヶ原になります。
文章で書くとたった一行ですが、かなりの心構えが必要です(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

実は、個人的にはこのコース上にある惣川地区にはここ20年?ほど立ち入った事がありません(-。-;

(ジオ関連の皆様、すいません(-_-;))

しかし羅漢穴や自然の家など、懐かしいものや、男水休憩所などの目新しいものまで、見所たくさんあります。 今回は寄らなかった土居家も有名。そして同級生の「玉春日」の生まれ故郷でもありますよ。
道は通行する車も少なく自転車の走りやすい道路でしたよ。(坂以外はねw)

さて、8時半に集合してご挨拶。ベテランのサイクリストの方ばかりで緊張〜る。

9時に乙亥会館を出発。自分は一番後ろから追いかけます。

標高100mの野村から300mの惣川地区へ。
ここからあと800mくらいか?

男水休憩所に到着
ここにはカラクリ人形が沢山あります。 

男水だけに水飲み場がありますよ。

ここから一気に激坂を駆け登ったら大野ヶ原に到着。

お昼はカウベルの焼肉丼。これめちゃくちゃ旨い。そんなに高くないのでオススメ。

ご飯食べると、ポツポツ雨がふりだしたので、源氏が駄馬をパスして皆さん下りはじめました。
でもせっかくなのでソフトクリーム食べて帰りましたが。。

雨と下りの風で身体が冷えたところにきて、お腹が冷え冷えに(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

しばらく下に降りるまで寒さとの戦いが続くのでした。

ちなみに、ここから先はスチール撮影はしてないので、いつもの様にYouTubeを御覧ください。


さて、カルストより無事帰りその後松山へ。
久し振りに松山の弟一家とご飯をたべました。 

その後は酒場をウロウロして。。。

最後に辿り着いたのはタマタマ見つけたビアホール。
ベルギービールが飲めるお店でした。またゆっくり来ようっと。 
そして、次の日は??某会の定例会に潜入。
こちらはfacebookにて。





↑このページのトップヘ